ピーテル・ブリューゲル (子) 『悪い羊飼い』
ウィリアム・ターナー 『名誉の輝く石とマルソーの墓、バイロンの“チャイルドハロルド”から』
カール・ケーラー 『 妻の愛人たち(My Wife’s Lovers)』
フランソワ・ブーシェ  『絵画の寓意 』
デイヴィッド・ロバーツ 『 カールトン・ヒルから見えるエディンバラ』
ウィリアム・ターナー『リンリスゴー宮殿』
ギュスターヴ・モロー 『幼児モーゼス』
ルーベンス 『メイドと牛のいる風景、ラーケンの農場』
ティツィアーノ・ヴェチェッリオ 『ウルビーノのヴィーナス』
ウィリアム・ブレイク・リッチモンド 『ヴィーナスとアンキセス』
ウィリアム・アドルフ・ブグロー 『バッカスの青春』
ジョゼフ・ノエル・ペイトン 『オーベロンとティターニアの諍い』
ルーベンス  『マルスからパークスを守るミネルヴァ≪戦争と平和≫』
ルーベンス、ヤン・ブリューゲル 『花輪の聖母』
ピーテル・ブリューゲル 『叛逆天使の墜落』
ウィリアム・ターナー『現代ローマ(カンポ・バクシノ)』
フランス・フランケン(子) 『魔女の調合』
イリヤ・レーピン 『水の下の王国のサトコ(Sadko)』
ギュスターヴ・モロー 『ヘロデ王の前で踊るサロメ』
パオロ・ウッチェロ 『装飾的な若い女性』