ピーテル・ブリューゲル 『ネーデルランドの諺』
ニコラ・プッサン 『ヴィーナスの誕生』
アルブレヒト・アルトドルファー 『アレクサンダー大王の戦い』
ヤン・ブリューゲル 『魚市場』
ヤン・ファン・エイク 『アルノルフィーニ夫妻像』
ハーバート・ドレイパー 『イカルスへの嘆き』
アンリ・ルソー『飢えたライオン』
ヤン・ブリューゲル、ルーベンス 『人間の堕落とエデンの園』
ルーベンス 『ダイアナとカリスト』
ピーテル・ブリューゲル  『エジプトへの逃避途上の風景』
フレデリック・レイトン 『糸巻き』
J・M・W・ターナー 『シャフハウゼン、ライン河の滝』
ジョン・マーティン  『ベルシャザルの饗宴』
ハンス・マカルト  『メッサリナ』
フランソワ・ブーシェ 『エウロペの奪取』
アンソニー・ヴァン・ダイク 『メアリー王女の肖像(チャールズ1世の娘)』
アドルフ・メンツェル『鉄圧延機工場』
ルーベンス 『ヴィーナスの饗宴』
アンソニー・ヴァン・ダイク 『サムソンとゴリアテ』
ギュスターヴ・クールベ 『女とオウム』