ティツィアーノ・ヴェチェッリオ 『ウルビーノのヴィーナス』
ウィリアム・ブレイク・リッチモンド 『ヴィーナスとアンキセス』
ピーテル・ブリューゲル 『ネーデルランドの諺』
ニコラ・プッサン 『ヴィーナスの誕生』
ヤン・ファン・エイク 『アルノルフィーニ夫妻像』
アンリ・ルソー『飢えたライオン』
ヤン・ブリューゲル、ルーベンス 『人間の堕落とエデンの園』
フランソワ・ブーシェ 『エウロペの奪取』
ギュスターヴ・クールベ 『女とオウム』
ジョン・マーティン  『イグアノドンの王国』