ウィリアム・アドルフ・ブグロー 『バッカスの青春』
ルーベンス  『マルスからパークスを守るミネルヴァ≪戦争と平和≫』
ルーベンス、ヤン・ブリューゲル 『花輪の聖母』
パオロ・ウッチェロ 『装飾的な若い女性』
ピーテル・ブリューゲル 『ネーデルランドの諺』
ヤン・ファン・エイク 『アルノルフィーニ夫妻像』
ハーバート・ドレイパー 『イカルスへの嘆き』
ルーベンス 『ダイアナとカリスト』
フレデリック・レイトン 『糸巻き』
ハンス・マカルト  『メッサリナ』
フランソワ・ブーシェ 『エウロペの奪取』
アドルフ・メンツェル『鉄圧延機工場』
アンソニー・ヴァン・ダイク 『サムソンとゴリアテ』
ギュスターヴ・クールベ 『女とオウム』
ハンス・マカルト  『日本の女性』
ウィリアム・アドルフ・ブグロー 『ヴィーナスの誕生』
ポール・ジャック・エメ・ボードリー 『波と真珠』
サンドロ・ボッティチェリ 『春(プリマヴェーラ)』
フランソワ・ブーシェ 『狩りの後のディアナ』
ルーベンス 『戦場からの帰還』