ウィリアム・ブレイク・リッチモンド 『ヴィーナスとアンキセス』

 
print-056

ウィリアム・ブレイク・リッチモンド 『ヴィーナスとアンキセス』  (print-056)

定価(税別)
¥54,800
販売価格(税別)
¥36,800
在庫状態 : 在庫有り

 

 


『ヴィーナスとアンキセス』(1889、1890年、ウォーカー・アート・ギャラリー)

<作品紹介>
ギリシャ神話を題材とした作品。

ある時ゼウスは、自分が人間の女に恋をするのは、愛を司る女神であるアフロディテ(ヴィーナス)のせいだと考え、彼女にも人間と恋をさせてやろうと考える。実のところ、アフロディテは、神々と人間を結びつけるようなことをしていたのだった。

相手に選ばれたのは、トロイア王家の血を継ぎ、小アジアのダルダニア人の王アンキセスであり、申し分のない美男子だった。アフロディテは、アンキセスを一目見て恋に落ちる。

作品では、人間に姿を変えて美しく身繕いしたアフロディテが、獣たちを従え、山小屋にいるアンキセスを訪ねる場面が描かれている。

アフロディテのあまりの美しさに、アンキセスは彼女が女神なのではないかと疑うが、アフロディテは「自分はプリュギア王オトレウスの娘だ」と偽り、アンキセスはアフロディテと一夜をともにするのだった。


ウィリアム・ブレイク・リッチモンド

<画家紹介>
肖像画家であり、ステンドグラスやモザイクの美術装飾家。ラファエル前派の画家ホルマン・ハントやミレイス、作家批評家ジョン・ラスキンの影響を受けた。1842年、父ジョージ・リッチモンドの子供としてロンドンにて生誕。ジョージ・リッチモンドは、自分の父親(ミニチュア画家トーマス・リッチモンド)の親友ウィリアム・ブレイク(画家、詩人、銅版画職人)の名にちなみ、画家の名前を決めた。

1857年、14歳でロイヤル・アカデミーに入学。1857年、イタリアを訪問して巨匠の作品から影響を受けた。ロイヤル・アカデミーでは肖像画のグループに所属。1864年、最初の妻が亡くなった後、イタリアに戻り、フレデリック・レイトンやジョヴァンニ・コスタ(造園師)と交流。1878年、ラスキンの後継としてオックスフォード大学の教授に就任。1897年にロイヤル・アカデミーの美術教授となった。チャールズ・ダーウィン、ウィリアム・モリス、ロバート・ブラウニング(詩人)、グラッドストーン首相を描くなど、肖像画家として成功した後、ステンドグラスとモザイクのデザインに興味を持ち、セントポール大聖堂のモザイク装飾をデザインするなどした。


複製画 高画質デジタルプリント(画布)


49.5×98.8 cm(オリジナルの寸法148.6×296.5 cmのほぼ3分の1サイズ)


額に入れて発送


入金確認後、約1カ月後に発送


宅急便(送料着払い発送)


当サイトで販売している複製画作品は、高解像度の大型プリンターで画布(キャンバス)に出力した高画質デジタル・プリント複製画であり、また、一作品ごとに出来映えを調整した独自商品となっております。

具体的には、オリジナル作品の印象にできる限り忠実となるように寸法を調整し、また、美しい複製画作品となるように、仕上がりにこだわりを持って制作させていただきましたので、よろしくお願いいたします。

なお、複数の作品につきまして、現在のオリジナル作品の状態よりも、制作された当初の名画作品のイメージを想定、および優先して制作しておりますので、その点につきましてはご留意ください。

お届け時期につきましては、ご注文後、お選びいただいた額縁を制作し、3週間から1ヶ月位で作品を発送させていただきます。

当店は国内で事業を行っており、安心してご注文いただけます。それでは、ご注文を検討していただけましたら幸いです。


・画面上部の商品画像は作品と額縁の画像を合成したものです
・すべての作品画像は実際の作品(画布を木枠に貼り付けた状態)を撮影したものです
・規格サイズではないため、落札後に額縁を制作・発送させていただきます
・各作品の在庫はひとつとなり、品切れになった場合の補充は数ヶ月後となります(その際に色調等の微調整を行う場合があります)
・商品画像の額(1番、ホワイト)を含め、下記の中からご希望の額縁をお選びいただけます

・額縁には裏板、トンボ、アクリル板、吊りひも、額縁側吊り金具が付属します

オプションを指定してください。
ご希望の額縁の番号
数量
print-056print-056print-056print-056print-056print-056print-056print-056

Tags: , , , , , ,