ギュスターヴ・モロー 『幼児モーゼス』

 
print-059

ギュスターヴ・モロー 『幼児モーゼス』  (print-059)

定価(税別)
¥54,800
販売価格(税別)
¥36,800
在庫状態 : 在庫有り

 


『幼児モーゼス』((1876〜1878年、フォッグ美術館)

<作品紹介>
本作品は、聖書を画題とした連作のうちの一作品として制作された。一連の作品には、普仏戦争後のフランスの復興を記念するという思いが込められている。1878年、万国博覧会で展示された。

連作には、『ヤコブと天使(1874-78年、ハーバード大学所蔵)』、『ダビデ(1878年)』が含まれており、3作品で、人間の人生における三段階が表現されている。

本作品においては、エジブトの遺跡・建造物を背景として、ナイル川の上を、ベッドをそのまま水の上に浮かべたような籠船が浮かんでいる。また、その上で赤子・幼児が安らかに眠っている。

幼児は、頭部から発せられる光線によりモーゼであると認識され、また、鳥や草花に周囲を取り囲まれるように描写することにより、讃えられるべき存在であることが示唆されている。

建造物は神秘的に表現されており、画面上方にはスフィンクスのような像が描かれている。

静的で死をイメージさせる“スフィンクス・遺跡(ミイラ)・神々”と、動的で生命力に満ちた“幼児・動物・草花”が対比的に描かれており、また、幼児という形でモーゼスを登場させることにより「預言者の悟り」が表現されていると考えられている。


ギュスターヴ・モロー

<画家紹介>
1826年、建築家であるルイ・モロー(父)と音楽家ポーリヌ・デムティエ(母)の子としてパリで生まれる。フランスの象徴主義における先駆者的な位置づけの画家。歴史や神話(聖書、ギリシャ神話)をテーマとした幻想的で美しい作風、および、重厚的とも軽快的とも捉えることのできる個性的な色彩表現が特徴。印象画家たちと同時代に活動した。1898年、癌でパリにて死去。


複製画 高画質デジタルプリント(画布)


79.2×58.3 cm(オリジナルの寸法185×136.2 cmのほぼ7分の3サイズ)


額に入れて発送


入金確認後、約1カ月後に発送


宅急便(送料着払い発送)


当サイトで販売している複製画作品は、高解像度の大型プリンターで画布(キャンバス)に出力した高画質デジタル・プリント複製画であり、また、一作品ごとに出来映えを調整した独自商品となっております。

具体的には、オリジナル作品の印象にできる限り忠実となるように寸法を調整し、また、美しい複製画作品となるように、仕上がりにこだわりを持って制作させていただきましたので、よろしくお願いいたします。

なお、複数の作品につきまして、現在のオリジナル作品の状態よりも、制作された当初の名画作品のイメージを想定、および優先して制作しておりますので、その点につきましてはご留意ください。

お届け時期につきましては、ご注文後、お選びいただいた額縁を制作し、3週間から1ヶ月位で作品を発送させていただきます。

当店は国内で事業を行っており、安心してご注文いただけます。それでは、ご注文を検討していただけましたら幸いです。


・画面上部の商品画像は作品と額縁の画像を合成したものです
・すべての作品画像は実際の作品(画布を木枠に貼り付けた状態)を撮影したものです
・規格サイズではないため、落札後に額縁を制作・発送させていただきます
・各作品の在庫はひとつとなり、品切れになった場合の補充は数ヶ月後となります(その際に色調等の微調整を行う場合があります)
・商品画像の額(1番、ゴールド系1)および、下記の中からご希望の額縁をお選びいただけます

・額縁には裏板、トンボ、アクリル板、吊りひも、額縁側吊り金具が付属します

オプションを指定してください。
ご希望の額縁の番号
数量
print-059print-059print-059print-059print-059print-059print-059print-059print-059print-059print-059

Tags: , , , , , , , , , , ,